茅沼温泉

北海道

釧路湿原国立公園の東北端、シラルトロ湖北岸の高台に湧いている茅沼温泉。開湯は昭和53年(1978年)で、平成4年(1992年)に新館がオープン。湯は冷め憎く肌に優しく子供のアトピーにも効果が高い。美肌の湯といわれる茶褐色のモール温泉が湧く。鳥類の楽園とも呼ばれる、湖の風景を望む露天風呂が魅力。近くには、湿原散策、サイクリングアウトドアを満喫できる。温泉の泉質はナトリウム塩化物泉・弱食塩泉。泉温47度。毎分450リットル。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性皮ふ病、慢性消化器病、婦人病、冷え性、切り傷、火傷、痔疾など。

【開湯日】

昭和53年(1978年)

【温泉の泉質】

ナトリウム塩化物泉・弱食塩泉

茅沼温泉 アクセス

●JR釧路駅➡︎車➡︎30分、●JR茅沼駅➡︎徒歩20分
●札幌➡︎R274➡︎日勝峠経由➡︎利用●十勝清水IC➡︎道東道➡︎池田IC。
●札幌➡︎約405km➡︎約7時間45分。●釧路➡︎R38・R391➡︎35km(45分)
●JR札幌駅➡︎千歳線・石勝線・根室本線➡︎特急➡︎釧路駅➡︎乗換え(40分 )

茅沼温泉 近くの観光ガイド【コッタロ湿原展望台】

釧路湿原はラムサール条約の登録湿地で、日本最大の湿原で東京都の都心が入るほどの大きさ。またタンチョウの最大の生息地で、釧路湿原の北東の端にあるコッタロ湿原は、国立公園の特別保護区に指定されている。展望台からは湿原の中を流れる、コッタロ川を高い位置から見下ろし、いかにも湿原らしい眺めを楽しむことができる。小さな沼にはミツガシワの群落が見られ、タンチョウやアオサギなどの野鳥の観察が可能。

タイトルとURLをコピーしました