落合温泉

青森県

青森県中央部に位置する黒石市にある、黒石温泉郷の一つに数えられる落合温泉。東北自動車道、黒石インターチェンジから国道102号線を、十和田湖方面へ8kmほど行った所にあり、昭和8年(1933年)に浅瀬石川上流に引湯管を設置して、開湯した渓谷沿いの静かな温泉。瀬石川を挟んで板留温泉の向かいに位置し、温湯温泉や板留温泉ほど歴史は古くはないが、山あいに佇む黒石の奥座敷とも云われている。湯はホースから出しっぱなしで、もともとの泉温も高く湯舟は少々熱め。ヌルヌル感は余りなくツルツル感がある湯で浴後はさっぱり感を堪能できる。隣の女湯からは地元のおばちゃんたちの元気なおしゃべりが聞こえてきて、なかなかローカルムード満点の共同湯。温泉の泉質は単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。温泉の効能はリウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹及び角化症など。

【開湯日】

昭和8年(1933年)

【温泉の泉質】

単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

【温泉の温度】

53.8度

落合温泉 アクセス

●弘南鉄道弘南線➡黒石駅➡バス➡落合温泉➡約0分 
●東北道黒石IC➡車➡落合温泉➡約15分
●青森空港➡車➡落合温泉➡約40分  

落合温泉 近くの観光ガイド【津軽こけし館】

津軽系こけしの発祥の地の黒石市郊外にある津軽こけし館は、国指定重要文化財となっている江戸時代の商家と「こみせ」をイメージした外装の建築になっている。館内には地元津軽系の他全国11系統4,000本以上のこけしを展示。工人による実演も必見。 売店やこけし工人によるこけし作りの実演コーナー、体験学習室、日本一大きい4m21cmのジャンボこけし、開館15周年記念事業で制作した木地だるま等がある。故盛秀太郎・佐藤善両氏のコーナーなども設置。

タイトルとURLをコピーしました