石神温泉

青森県

むつ市から大畑町へ抜ける国道279号沿いに位置する石神温泉。開業は平成元年(1989年)の宿泊可能な複合温泉施設。塩化物強塩泉の湯がたっぷり2つの内湯に注がれ一方は熱め、もう一方は温めの適温でシャワーなど全てが完備。湯は多少加水されているが、それでも浴感が強烈で床が赤黒く染まり、天井はやや煤けているが湯は抜群によい。平成16年(2004年)にリニューアルオープンし、明るく小奇麗な感じを受ける縦長の浴室は、中央に湯気抜きの高窓を配し、中央の仕切りにカランが配置されている。湯は黄土色の濁り湯で透明度30cm以下で、本当に濃い食塩泉+熱めの湯温設定で入浴直後から止め処も無く汗は噴出してきます。温泉の泉質はナトリウム−塩化物強塩泉。泉温は46.2度。温泉の効能はリウマチ性疾患、切り傷、火傷、神経痛、皮膚病、慢性消化器病、便秘、慢性婦人病など。

石神温泉 近くの観光スポット【むつ科学技術館】

日本初の原子動力実験船「むつ」の母港であった、関根浜港を望む高台に建つ船の形をした博物館。次の世代を担う青少年たちやより多くの人々が科学の楽しさ、素晴らしさに接し、明日への夢を広げる総合科学館として、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構が建設設置した。様々な視点から科学を楽しく学ぶことができます。

JR上北町駅からタクシーで8分

タイトルとURLをコピーしました