桑畑温泉

青森県

津軽海峡を見下ろす海抜30mの高台に位置する桑畑温泉。廃校になった桑畑小学校跡地を利用し、平成14年(2002年)にオープン。平成19年(2007年)に完成した露天風呂からは、晴れた日には北海道を一望でき、夜には漁火を眺めながら温泉を楽しめる。湯は透明度10cmほどの薄いネズミ色がかった濁り湯。このあたりでは茶系の塩化物泉が多いが、加熱や循環している為、色への影響があるのかも。飲んでみると僅かに塩っぱくて苦い味は近くの源泉とさほど変わらない。温泉の泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物泉。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、五十肩、冷え性、火傷など。

【開湯日】

平成14年(2002年)

【温泉の泉質】

ナトリウム・カルシウム−塩化物泉

【温泉の温度】

35.4度

桑畑温泉 アクセス

●JR下北駅➡︎バス➡︎桑畑バス停下車➡︎徒歩約3分
●JR青森➡︎車➡︎約150分●JR三沢➡︎車➡︎約120分
●JR下北駅➡︎タクシー➡︎約40分●佐井方面行➡︎バス➡︎約1時間
●JR新幹線八戸駅➡︎JR野辺地駅乗換➡︎大湊線下北駅➡︎車➡︎約40分

桑畑温泉 近くの観光ガイド【海峡いさりび公園 】

海峡いさりび公園の中央に設けられた、2,780平方mの人口海中。伊勢の二見岩と並んび、その岩の形の神秘さが全国的に多くの人に親しまれている。海上安全と大漁を祈願する恵比寿様を祀った祠、対岸の北海道を見渡せる展望台がある。また干満の潮位差を利用して、海水を循環させる海水東屋や橋、飛び石が配置されている。他には多目的広場や休憩所や井上靖の小説「海峡」に因んだ文学碑や、同志社大学創始者「新島襄」の寄港記念碑が建てられている。

タイトルとURLをコピーしました