八雲温泉

北海道

渡島支庁中部に位置し、出雲文化発祥の地として知られる八雲町。平成17年(2005年)に支庁が異なる熊石町と合併した。その鉛川地区に古くからある温泉が八雲温泉。開湯は大正1年(1912年)で、昔は鉛川温泉と呼ばれ鉱山の温泉だったが、昭和50年(1975年)に、町で新たに温泉を掘って町営温泉を建設した。泉質は2種類で、内風呂は湯は柔らかく美人の湯として名高く大露天風呂は鉄分の多い。よく温まる黄土色の湯が満ちている。平成17年(2005年)に町営から民営に変わり、宿泊施設がリニューアルオープンした。温泉の泉質はナナトリウムー塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、慢性消化器病、痔疾、冷え症、切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病など。

タイトルとURLをコピーしました