福島県

福島県

檜枝岐温泉

檜枝岐温泉は、福島側から尾瀬にアクセスする際に通り道となる温泉地で、昔は陸の孤島と呼ばれるほど不便な土地だった。檜の産地でだったことからその名が付けられた檜枝岐村。昭和49年(1974年)に掘削に成功したアルカリ性単純温泉を湧出した檜枝岐温...
福島県

中ノ沢温泉

福島県耶麻郡猪苗代町にある中ノ沢温泉。安達太良山西麓と磐梯山の間にある静かな温泉街。東は安達太良山、西は磐梯山、北は吾妻山系の山々に取り囲まれた山の宿である。文禄年間(1600年頃)に平近平氏によって安達太良山麓より発見されて以来、農閑期の...
福島県

木賊温泉

福島県南西部、南会津郡南会津町宮里にある木賊温泉。西根川沿いの標高795mの地にあり、その歴史は治歴元年(1065年)発見とされており、武士にまつわる語り伝えが多く残されており、武士が刀傷を癒した隠し湯であったかも知れない。名前の由来は、植...
福島県

いわき湯本温泉

いわき湯本温泉は「三箱の御湯」と呼ばれ 伊豫国道後温泉、摂津国有馬温泉と並び 日本の三古泉として知られていた。中世には戦国大名の来湯も多く、 江戸時代は浜街道唯一の温泉宿場町として 文人墨客の来遊が絶えなかった。源泉は、常磐地内の地下約50...
福島県

飯坂温泉

鳴子、秋保とともに「奥州三名湯」に数えられる、東北屈指の温泉地。2世紀には日本武尊が東征の時に、 1689年には松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる古湯だ。その日本武尊や松尾芭蕉も浸かった「鯖湖湯」は 飯坂温泉のシンボル。明治22年...
福島県

高湯温泉

高湯温泉は今から約400年前に開湯され、豊臣秀吉の太閤検地による湯銭という税金を納めた文献が残る。 その後、湯銭をまけてくれた代官を敬った碑が薬師堂敷地内に建てられ、温泉営業の歴史がうかがわれる。 当時から奥州三高湯の秘湯として、農閑期の農...
福島県

東山温泉

東山温泉は1200年ほど前、僧侶の行基が発見したという、温泉地によくある伝説を持つ、 新選組副長・土方歳三が湯治に訪れた場所。慶応4年(1868)3月、下総流山で近藤勇と別れた土方歳三は、 残った新選組隊士を率いて宇都宮での合戦に参加し、足...
福島県

磐梯熱海温泉

開湯は800年前であるという。熱海という地名は、奥州征伐の後にこの地の領主になった、 源頼朝の家臣伊東祐長の出身地である伊豆にある、熱海温泉に由来する。室町時代初期の南北朝時代、公家の娘萩姫が、 不治の病をここで湯治して全快したと言われてい...
福島県

岳温泉

1200年程前に征夷大将軍の坂上田村麻呂が発見したという伝説がある岳温泉。その後、隠居中の水戸黄門も訪れたと云われる歴史ある名湯。また「智恵子は東京に空が無いといふ」で始まる、高村光太郎の智恵子抄で知られる、阿多多羅山(安達太良山)の山麓(...
福島県

熱塩温泉

熱塩温泉の歴史は古く600年ほど前に遡る。しかし開湯についてはいくつかの伝説が残っており、名僧で知られる源翁禅師が、子をはらんで苦しむ大蛇を鎮めたら湯が湧き出てきた説と、愛用のアカザの杖を突き刺したら湯が湧き出たなどであり、有力決めてはない...
タイトルとURLをコピーしました