青森県

青森県

伊豆駒の湯温泉

東名沼津ICより毛温泉までは約50分、さらに5分程進んだ山間に位置する一軒宿のいで湯が伊豆駒の湯温泉。開湯は昭和47年(1972年)と比較的歴史は浅いが、泉温は39度、毎分280リットルと湯量は豊富、無色透明、無味無臭。源泉温度が低いが長く...
青森県

杉の子温泉

旧天間林村と上北町の境の林の中に位置し、国道394号線から脇道に入ったあたりにある公共の温泉が杉の子温泉。開業は平成9年(1997年)で、旧天間林村の南端にあたり、中岫地区の農道沿いにある福祉会社が運営している。浴室は10人程入れる主浴槽や...
青森県

水明温泉

JR上北町駅の南方、周囲を畑と林で囲まれた静かな環境の中にポツンと建つ水明温泉。開業は昭和56年(1981年)で、青森県によくある温泉旅館で浴場は公衆浴場になっている。湯はやや熱めで薄緑色をしており、スベスベした肌ざわりのモール系。内湯はタ...
青森県

石神温泉

むつ市から大畑町へ抜ける国道279号沿いに位置する石神温泉。開業は平成元年(1989年)の宿泊可能な複合温泉施設。塩化物強塩泉の湯がたっぷり2つの内湯に注がれ一方は熱め、もう一方は温めの適温でシャワーなど全てが完備。湯は多少加水されているが...
青森県

浅虫温泉

平安時代(876年)に、慈覚大使(円仁)により発見された浅虫温泉は、1190年に円光大使(法然)が、 傷ついた青鹿が湯浴みするのを見て、村人に入浴を薦めたといわれている。また、布を織るために温泉を利用して麻を蒸したことから、 この地を「麻蒸...
青森県

十和田湖温泉

さくらんぼ十和田湖駅の北東側に温泉街が広がり、共同浴場は5軒存在。明治42年(1909年)から翌43年の両年にわたる 大干ばつがあり、その潅がい用水の確保のために掘削された井戸から温泉が湧出したのが十和田湖温泉の発端となった。十和田湖温泉は...
青森県

嶽温泉

津軽平野のシンボル岩木山(津軽冨士)の南西麓に位置する嶽温泉。延宝2年(1674年)に、 薪の切り出しに出かけた住民が、昼飯を盗んだキツネを追いかけている最中に発見し、その後笹小屋を建てて誰でも利用できるように したのが始まりだった。また四...
青森県

下風呂温泉

下北半島の北側、津軽海峡に面した風間浦村にあり、室町時代より刀傷や槍傷に効くと云われ、古い歴史を誇る下風呂温泉。康正年間の地図には湯本との記載がされ、明暦2年(1656年)には南部藩藩主南部重信が入湯している。下風呂の名は、アイヌ語のシュマ...
青森県

稲垣温泉

津軽平野の純水田地帯、岩木川沿いに湧出する稲垣温泉。江戸時代には広大な芦原を開拓した農民たちが、地下水を沸かして風呂をたてた。以来この沸かし湯は稲の湯と呼ばれ銭湯として繁盛したが、水量が減ってきたためボーリングを実施したところ、昭和41年(...
青森県

馬門温泉

青森自動車道の青森東ICから約40分の野辺地の、帽子岳の麓に湧く温泉が馬門温泉。開湯は今から遡ること500年前とも1,000年前とも云われ、源義経が馬門温泉に入浴した伝説も残る歴史のかなり古い。温泉にまつわる諸説も様々で、野辺地は源頼朝に追...
タイトルとURLをコピーしました